30DAYSトライアルがオンラインスクールになりました!1日1題90日でプロのWebスキルを身につけよう!

高校生にして複数社で働くUIデザイナーに!10代のフリーランスデザイナー夏那さんのスキルアップ術と仕事観とは

高校生にして複数社で働くUIデザイナーに!10代のフリーランスデザイナー夏那さんのスキルアップ術と仕事観とは

こんにちは、東京フリーランスのショーへー(@showheyohtaki)です。

今回は、19歳でフリーランスのUIデザイナーとして活動されている夏那さん(@k0626n_13)に突撃インタビューをしてきました!

夏那さんは高校時代にデザインの仕事を始め、19歳という若さで既に複数社とお仕事をしているという強者。

たまたま夏那さんにお仕事を依頼した際、高校生UIデザイナーとなった経緯、独学の学習ステップ、SNSの活用の仕方がどれも面白かったので、改めて10代でデザイナーとして活躍できるようになった経緯を伺ってきました。

これから完全未経験でデザイナーを目指したい…。
学生の間にデザイナーになって、仕事を獲得できるようになりたい…。

という方は要チェックです!

夏那さん
【インタビュイープロフィール】
夏那さん(@k0626n_13)
2001年生まれの19歳。
高校一年生の冬にUI・UXデザインと出会い、クラウドファンディングを活用してMacbookを購入する。
その後制作会社でインターンを経験し、高校三年生の夏に電源カフェをリブランディングしてキャリアを積む。
現在はUI・UXデザイナー以外にイラストレーターとしても活動しており、複数の企業やプロジェクトに関わっている。
ショーヘー
【インタビュアープロフィール】
東京フリーランスCMO。立命法→大手で営業職→未経験からエンジニアに転職→フリーランス→合同会社東京フリーランスを立ち上げ。Webマーケティングとプログラミングが好き。フリーランス支援を通して楽しく仕事できる人を応援しています。

UIデザイナーになったきっかけは「自分で使用したアプリ」と「兄の起業」だった。

ショーヘー
夏那さん、今日はよろしくお願いします!
早速ですが、夏那さんがUIデザイナーをやることになったきっかけについて教えてください!
夏那さん
私がUIデザイナーをやるきっかけとなったのは、「中学で始めたダイエット」と「兄の起業」の2つでした。

中学生の頃に抱いたアプリのデザインに対する「違和感」

夏那さん
私は物心がついた時からずっと絵を描いていて、小学生の時からクリエイティビティ溢れる仕事をしたいと漠然に考えていましたが、中学の時に始めたダイエットがきっかけで「デザイン」に興味を持ち始めたんです。
ショーヘー
ほう!?ダイエットがきっかけですか?
夏那さん
はい(笑)
当時は色んなダイエットアプリを片っ端からインストールしながら「どのアプリが良いか」を手探りで比較していました。
アプリの使い心地を比べていくと「この部分が使いにくいな」「この配色にはちょっと違和感がある」とアプリに対して色々思うようになって、結局どのアプリもしっくりこなくてダイエットに挫折しちゃったんですよ。
ショーヘー
なるほど。
「ダイエットアプリの使い心地にモヤモヤした」という体験が、デザインに対する興味のきっかけだったんですね!
夏那さん
そうなんです。
あれがUI・UXがどれだけ大切かを初めて意識した体験でした。

UIとは?
UIとは「ユーザーインターフェイス(User Interface)」の略称で、ユーザーとサービスにおける接触面を言い表している。
例えばWebアプリの場合、スマートフォンに表示されるデザインやフォントなど、ユーザーの視覚に触れる全ての情報が「UI」と称される。

UXとは?
UXとは「ユーザーエクスペリエンス(User Experience)」の略称で、ユーザーがサービスを通して得られる体験を言い表している。サービスを利用する一連の動作の中で、ユーザーが感じた体験の全てが「UX」と称される。

兄の起業がきっかけで「UI・UXデザイン」と出会う

ショーヘー
そこで初めてデザインを意識して、次に「仕事にしよう」と考えたきっかけはいつだったんでしょう?
夏那さん
仕事にしようと思ったのは高校1年生のときですね。兄が学生起業しまして(笑)

PoliPoliという「政治家に直接意見を届けられる政治プラットフォーム」のサービスを作ったんです。それが私にとってUIデザインを本格的に始める強い動機となりました。

ショーヘー
え!僕これ見たことありますw お兄さんめっちゃすごいじゃないですか!!!
でも、なぜお兄さんの起業が「UIデザインをやろう」と決めることに繋がったんですか?
夏那さん
兄の起業のおかげで「スタートアップ」という存在を初めて知り、興味が沸くようになったんです。
そこで色々とスタートアップ企業のことを調べていたら「UI・UXデザイン」という仕事内容を見つけて「私がやりたかったのはこれだ!」と思いました。
ショーヘー
ダイエットアプリに感じていた違和感の解決方法が「UI・UXデザイン」だった、と気づいたわけですね!
夏那さん
そうですそうです!
この時は趣味で絵を描くのが好きなくらいで、デザインのことは何も知りませんでしたが、兄が背中を押してくれたこともあり、とにかくノリでデザインの勉強をスタートしました。

MacBookの購入に必要なお金はクラウドファンディングで集めた!?

ショーヘー
なるほど。「UI・UXデザインを学ぼう」と決めて、そこからどうやってデザインの知識をつけていったんですか?
夏那さん
まずはTwitterアカウントのプロフィールを充実させました。
出身の中学校から高校まで全て記載して「デザイナー志望」と書いた上で、色んなデザイナーさんをフォローしていきました。
夏那さん
すると、とあるデザイナーさんから「母校が同じです」とお声掛けいただき、実際にお会いさせてもらうことになったんです!
すぐに会いにいきましたが、すごく尊敬できる方で、当時何もわからなかった私にデザインのお仕事のことをとても丁寧に教えてくださいました。
ショーヘー
SNSの繋がりで情報収集していったわけですね。
夏那さん
当時はデザインどころか、パソコンに関しても全くの無知だったんですよ!
「パソコン=Windows」と思い込んでいたんですが、お会いしたデザイナーさんから初めてMacBookの存在を教えてもらいました。
だけど、私も「え!?Macって何!?」みたいな反応で(笑)
ショーヘー
(笑)
夏那さん
そこでデザイナーにはMacが必須だということを教えてもらったんですが、値段を見ると15万円くらいしたし、とにかく高くて手が届かなかったんですよね…。
ショーヘー
Macは高いですからね…。高校生が自腹で買うのは正直かなりキツイですよね。
夏那さん
そうなんです。親に迷惑はかけたくないけど、だからといって高校生の私はそんな大金持っていなかったし、もうどうしようと思って…。
そこで、それをデザイナーの方に相談していたら、「polca」というサービスを教えてもらったんです。

polcaとは?
polcaとは、身近な友人や知人、TwitterなどのSNSの繋がりを通してお金を集められるクラウドファンディングアプリのこと。
しかし、2020年10月1日をもってサービスの提供は終了する予定となっている。

夏那さん
それで「デザインの勉強がしたいのでMacを買うお金をご支援頂きたい」と投稿してみたら、自分でもびっくりするくらい拡散してもらえて…!

https://twitter.com/k0626n_13/status/969221890806923265?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E969221890806923265%7Ctwgr%5E&ref_url=https%3A%2F%2Fnote.com%2Fk0626n_13%2Fn%2Fn3f17589aefb7

ショーヘー
polcaの支援金でMac買えたんですか!?
夏那さん
そうなんです。1週間で約14万円も支援してくださって。
もうほんとにびっくりでしたよ!

夏那さん
色んな方々から応援を頂いて、めちゃくちゃモチベーションが高まりましたし、「BIGにならなきゃ!」という使命感まで生まれてきました(笑)
早速集まったお金でMacBookを買って、支援してくれた人に恩返しをしようと無我夢中になりましたね。

ショーヘー
いい話だなぁ。SNSの力はすごい…!
スタートからそれだけ多くの人に応援してもらえたら、「やるしかない!」ってモチベーションにもなりますよね👍
支えになるというか。
夏那さん
そうなんです。デザインの仕事は大変なこともたくさんありますが、このMacを見て、polcaで色んな人に支援してもらったことを思い出すと、やっぱり頑張らなきゃと思えますね!

Daily UIを使って100日間ひたすらアウトプットする日々。

ショーヘー
無事にMacを手に入れ環境が整ったわけですが、そこからどうやってUIデザインを勉強していったんでしょう?
夏那さん
最初はDaily UIというサービスを使い、100日間毎日継続してデザインの勉強をしていました。

出典:Daily UI

ショーヘー
ほう!
Daily UIはどんなサービスなんですか?
夏那さん
メールで毎日届く課題に合わせてUIデザインを作成していくサービスです。
例えば「ゲームのログイン画面」などのお題が送られてきて、それに沿ったデザインを考えていく感じですね。
夏那さん
Daily UIはかなり鍛えられるのでおすすめですよ!
私もこのお題を100日間継続すると決めて、実際に100日間続けたんですが、本当にいい勉強になりました。
夏那さん
あと、Daily UIとTwitterの組み合わせもよかったです!せっかくだからDaily UIで作ったものをTwitterに載せてたんですよ。そうしたら次第に色んなデザイナーさんからリプを貰えるようになって!
もう、Twitterがデザイン学習塾みたいになってました(笑)
ショーヘー
すごい!僕らも運営してるオンラインスクールで「SNSやブログで成果物をアウトプットしよう」と口を酸っぱくしていってるんですが、まさにその効果が表れたんですね。
夏那さん
はい!Twitterで出会った方々にはたくさん学ばせてもらいましたし、投稿が残るので「こんなことやってきたんだ」と後で振り返ることもできます。
本当にTwitterをやっててよかったですね!
ショーヘー
ちなみにDaily UI以外にも、デザインの学習で使ったサービスってありますか?
夏那さん
Daily UIと同時に「Cocoda!」というサービスも使ってました。
Cocoda!も毎日出題される「お題」に沿ってデザインをアウトプットしていくサービスで、デザインにおける制作過程や例題がかなり分かりやすいです!
ショーヘー
Cocoda!もTwitterに取り組まれてる仲間がたくさんいるので、モチベーション保つのにいいですよね!
以前アラサー完全未経験からCAMPFIREのデザイナーに転職されたあゆみさんにインタビューした時も、Cocoda!で勉強されたと仰ってました。

高校2年生で経験したインターンでさらにレベルアップする

ショーヘー
Daily UIやCocoda!でアウトプットを続けた後、実際に仕事を始めたタイミングはいつなんですか?
夏那さん
Twitter経由で知り合ったデザイナーさんに紹介して頂いた制作会社に、高校2年の夏からインターン生として入りました!
ショーヘー
またSNS!Twitterが夏那さんのすべての起点になってるんですね。
初めてのインターンは具体的にどんな仕事だったんですか?
夏那さん
実際にクライアントからヒアリングした条件をもとに、私を含めた3人で「どういうデザインがベストか」をひたすらディスカッションして作っていました。
「作って発表してフィードバックを貰って改善」を繰り返していたので、ゼロからデザインを作る為の力はめちゃくちゃ身についたと思います!
ショーヘー
実案件のヒアリング情報をもとにディスカッションをしていくってすごく実践的でいいですね!
他の人から意見をもらう、他の人のデザインに意見を述べるってのもいい勉強になる。
夏那さん
その後は、高2の冬にCocoda!さん主催のインターンにも参加しました。
とある企業のツールのUI・UXを改善するプロジェクトへ参画させてもらったので、そこで既存のデザインを改善する経験が積めましたね!

Daily UIでのアウトプットが徐々に「デザインの仕事」へと結びつくように。

ショーヘー
すごい行動力と学習意欲ですね!
それだけアウトプットしてたら絶対に周りがほっとかないでしょうw
夏那さんに依頼がきた「初めてのお仕事」についてもお聞きしたいです!
夏那さん
初めて私個人に依頼いただいたお仕事は、Daily UIに打ち込んでいた時にお声がけ頂いた「DENGEN CAFE」でした。

出典:DENGEN CAFE

夏那さん
DENGEN CAFEは、電源(コンセント)が使えるカフェの検索に特化した充電スポット検索ツールです。
DENGEN CAFEでは、主にサイトのリブランディングに関するお仕事に携わらせて頂きました。
ショーヘー
おお!
僕が夏那さんに連絡したきっかけになったnoteですね!
このDENGEN CAFEのデザインプロセスについて纏めたnoteは本当に素晴らしかったです!読んですぐ「一緒に仕事したい」と思いましたもんw
ショーヘー
「理念や事業コンセプトからサービスを落とし込む」って大事なんですけど、リーダーが多忙だったり、うまく言語化できてなかったりで、チームで認識がズレることって多いんですよね。その状態でデザインや機能を作っていくと「何が大事か」という軸がないからブレる。
夏那さんのようにサービスの根っこから整理してデザインに落としこんてくれるデザイナーさんは本当に貴重な存在だと思います。
夏那さん
ありがとうございます(笑)
このnoteもTwitterで拡散していただけて、何件かお仕事に繋がりました。

現在はDENGEN CAFE以外にも色んな企業のプロジェクトに関わりながらお仕事させて貰っていて、最近は過去にお仕事をした方から紹介いただき、次のお仕事へと繋がるようになってきましたね。

ショーヘー
凄すぎる。本当に19歳なのか…w

持ち前の若さと行動力で培ってきたUIデザイナーとしての「仕事観」

ショーヘー
夏那さんはデザイナーになって今2年ほどですよね。
デザイナーとしてお仕事してみて、一番嬉しかったことってなんですか?
夏那さん
楽しかったことは、やっぱり自分のデザインが実装された瞬間です!
自分がデザインを手掛けたサービスの画面が街中でポスターになってるのを見かけた時は、めちゃくちゃ嬉しかったし、本当に感動しました…。
ショーヘー
じゃあ、夏那さんが仕事する上で一番大切にしていることって何ですか?

夏那さん
一番はコミュニケーションです!
最初は表面的に言われたことを信じてデザインしてるだけでしたが、それだけだと良いものが作れないと分かったんですよ。
そこで、クライアントさんと入念なコミュニケーションを交わしながら、本当の課題はどこにあるのかを掘り起こしてから制作するようにしたら、より満足いただけるようになりました。

ショーヘー
積極的にコミュニケーションを取ることで、依頼者の潜在ニーズも汲み取れるようになったってことですね!

夏那さん
そうかもしれません。
まずは腹を割って話すことが大事だと分かったので、それからはとにかくコミュニケーションを大切にしています!

「若さ」というカードに頼らない

ショーヘー
夏那さんは未経験から2年足らずで複数の会社から仕事をもらえるようになりましたよね。自分では何が一番の決め手だったと思いますか?

夏那さん
一番は「若さ」だと考えていて、若さゆえの可能性を感じてもらえたんだと思っています。
でも私はもう少しで20歳になるし、最近はすごく焦ってます…。

夏那さん
正直「若いのに」すごいね!と、若さのおかげでかなり加点評価していただいたと思うんですよね。

だから「若さがなければ仕事なんてもらえないんだぞ!」と常に胸に刻み続けています…!

ショーヘー
達観しすぎている…!!
普通は「あの勉強のおかげ」とか「あの努力のおかげ」とか言っちゃうところですが、評価されている理由を冷静に「若さ」だと言えるのは本当にすごいです。

さいごに:いずれは誰もが知るサービスのデザインを担当したい。

ショーヘー
では最後に、夏那さんの今後の目標について聞かせてください!

夏那さん
私は高校からキャリアをスタートさせ、同世代の中でも早い段階でUIデザインの経験を積んできたので、同世代の人には絶対に負けたくありませんし、これまでの経験を活かして大きなことを何か成し遂げたいですね!
自信を持って自分の人生を誇れるようになりたいです!

ショーヘー
素晴らしいですね。
本当に10代ですか?(笑)

夏那さん
(笑)
あと、将来は誰もが知ってるサービスのデザインを担当したいです。
自分が関わったプロダクトは色んな人に使ってもらいたいですし、携わったサービスは絶対に有名にしてみせます!

ショーヘー
夏那さん、貴重なお話をありがとうございました!

まとめ:デジタルネイティブの行動力は僕らの想像を遥かに超えている

夏那さんにインタビューをしていて感じたのは、テリトリーが広いなということでした。

資産と呼べるものには大きく3つのタイプがあって「お金・知識・人脈」に分けられます。

僕らアラサー世代にとって、自分の資産と呼べるものは、自分や家族、友人など「リアルで繋がることができる範囲」までという感覚があると思うんですよ。

でも夏那さんの場合、Macを買うときも、スキルアップするときも、仕事を獲得する上でも、すべての行動が自然にSNSと結びついてるんです。

夏那さんたち10代にとって、ナチュラルに「SNSで繋がれる範囲までが資産」という感覚があるんじゃないかと、お話を伺いながら思いました。

前提としているテリトリーの広さが違うので、行動力も全く違うんですよね。

目標とする対象も「クラスで一番」や「学校で一番」ではなく、「SNSで見えてる範囲の同年代の中で一番」なので、視座が数段高いんですよ。

SNSを通じてすごい人たちを身近に感じてるので、若さにあぐらをかくことも全然ないしw

こんな子たちがこれからゴロゴロ出てくると思うと、楽しみな反面、余裕こいてたらすぐ抜かれるなと身が引き締まる思いでした。

僕も視野を広く持って、10代に負けないよう成長し続けたいと思います!

※追伸:未経験から“仕事を獲得できる”Webデザイナーになりたいなら…

みなさん、大変お待たせしました。

SNSから生まれたオンラインプログラミングスクールとして高評判を頂いていた「デイトラ」ですが…遂に待望の「Webデザインコース」がリリースされました!!

デイトラのWebデザインコースでは、夏那さんも使ってるFigmaの使い方について学べるほか、実務に即したデザイン課題も徹底的にこなせます!

充実したカリキュラムはもちろん、現役のWebデザイナーによるレビューもありますし、スキルを活かして実際に案件を獲得する為の「営業手法」までも全部お伝えする予定です!

まさにデイトラなら、Webデザインの知識から仕事の獲得方法までがワンストップで習得可能。

未経験だけど、これからWebデザイナーを目指したい…!
Webデザイナーになって、仕事を獲得できるようになりたい…!

今から本気でWebデザイナーを目指そうと考えている人は、是非デイトラのWebデザインコースをチェックしてみてくださいね!

LINE@にて無料Webスキル診断実施中!

CTA-IMAGE 『転職したい!』 『理想的なライフスタイルを実現したい!』 『フリーランスになりたい!』 そういう悩みを持っている方に、LINEで【Webスキル診断】を実施しています! Web制作・Webデザイン・アプリ開発の中から、「自分に合った理想の働き方はどれか?」という視点から適性を見極められる診断です。 また、診断後は結果に応じてとっておきの【厳選情報】の配信も行います! 1分で受けられる無料診断ですので、お気軽に試してみてください!

フリーランスインタビューカテゴリの最新記事