フリーランスが稼げないのはなぜ!?【原因と対処法を徹底解説】

フリーランスが稼げないのはなぜ!?【原因と対処法を徹底解説】
フリーランスとして活動しているけど、全然稼げない…。
どうしたら稼げるようになるんだろう…?

「未経験から独立した」といった声も多くあることから、フリーランスに挑戦する人は年々増加傾向にあります。

しかし実際は、いざ独立してみると「稼げない」「生活が苦しい」と感じているフリーランスが非常に多いのが現実。それもそのはず、フリーランスは簡単に稼げるほど甘い世界ではありません。

フリーランスとして立派に生計を立てていくためには、並ならぬ努力が必要不可欠なのです。

そこで今回は、フリーランスが稼げない原因や稼げるフリーランスになるコツについて解説していきます。

本記事の内容
・フリーランスは稼げない人が多い現実
・フリーランスが稼げない原因
・稼げるフリーランスになるコツ

フリーランスとして活動し始めたものの稼げない…。
なぜ稼げないのかわからない…。
どうしたら稼げるようになるのか知りたい…。

こう考えていた方は、ぜひ参考にしてみてください!

デイトラちゃん
今ならLINE限定であなたにピッタリのスキルがすぐに分かる「Webスキル診断」を実施してるよ! 下のバナーをタップして一生使えるWebスキルを30秒で診断してみてね!

こちらから今すぐ診断する▼

フリーランスは稼げない人が多い!?

そもそも世の中のフリーランスは実際どのぐらいの収入を得ているのでしょうか。

フリーランス協会の調査「フリーランス白書2019」によると、フリーランスの年収は以下の通りです。

出典:フリーランス協会

職業により異なるものの、全体で最も多いのは年間200〜400万円未満の収入を得ている人。月収換算すると、16万円〜33万円程度です。その次に多いのが200万円未満となっており、全体の23.1%のフリーランスが月に16万円も稼げていないことが分かります。

対して、国税庁の「民間給与実態統計調査結果」によると、サラリーマンの平均年収は436万円ほど。つまり約半数のフリーランスは、サラリーマンの平均年収に満たない収入で働いているのです…。

好きな時間に好きな場所で働いて自由に生活しているイメージを持たれるフリーランスですが、現実はそんなに甘くありません。生計を立てようと思うなら、並ならぬ努力の積み重ねによりスキルや実績を伸ばしていく必要があるでしょう。

フリーランスが稼げない原因

次に、フリーランスが稼げない主な原因を5つ紹介します。

  1. スキルが足りない
  2. クライアントファーストな仕事をしていない
  3. スケジュール管理ができていない
  4. 仕事を選びすぎている
  5. 楽に稼げると思い込んでいる

詳しく解説していくので、現状稼げていない方は当てはまる原因がないかチェックしてみてください!

1.スキルが足りない

フリーランスの仕事は資格が不要な職業も多く存在し、未経験からの独立も夢ではありません。とはいえ、全くスキルがない状態ではなかなか仕事を獲得できず思うように稼げないでしょう。

大前提として、フリーランスは即戦力を期待されています。

クライアントからすると、スキル不足のフリーランスにわざわざ仕事を依頼するメリットはありません。

中にはスキルなしで挑戦できる案件もありますが、そのような仕事は報酬が低かったり継続発注してもらえなかったり、安定収入につながりにくいでしょう。スキルを高めて求められる存在にならない限り、フリーランスとして生計を立てていくのは難しいのです。

稼げないと感じているなら、まずはスキルアップを目指してみてください!

2.クライアントファーストな仕事をしていない

フリーランスが稼げない原因として、「クライアントファーストな仕事をしていない」ことも挙げられます。

クライアントがフリーランスに仕事を発注する理由は様々ですが、主に以下の通り。

  • 忙しくて手が回らない
  • 自分たちの能力だけでは仕事を遂行できない
  • 外部の知見や技術を活用してより高い成果を出したい

つまりフリーランスはクライアントの負担を減らしたり、成果を出したりするために仕事を受注しているのです。フリーランスが仕事できるのはクライアントあってこそですから、これらを念頭に置き、常にお客様第一でに取り組まなければ継続受注は期待できません。

現状稼げていないという方は、顧客目線に立った仕事ができているかを今一度見直してみてください!

3.スケジュール管理ができていない

フリーランスは会社員のように就業時間に決まりはなく、自分でスケジュールを管理する必要があります。しかし無計画なまま仕事をしていると、「自分がどれぐらい仕事を行えるのか」や「現在の仕事量はどれぐらいなのか」などを把握できません。

スケジュール管理ができてないと、ついテレビやマンガなどの誘惑に負けてしまってだらだらと過ごしてしまったり、自分で行える以上の仕事を引き受けてクライアントに迷惑をかけてしまったり…さまざまな問題が生じるでしょう。

もちろんそれでは思うような収入を得られませんし、クライアントに迷惑をかけると継続受注を獲得できない可能性も考えられます。

効率良く稼ぐためにも、スムーズに作業を進めるためにも、スケジュール管理は欠かせません。フリーランスにおけるスケジュール管理のポイントは以下の記事で解説しているので、不十分だと思う方はぜひチェックしておいてください↓

フリーランスはスケジュール管理が命!効率的に仕事を進める予定管理のポイント6つ

4.仕事を選び過ぎている

単価にこだわったり、ジャンルを絞ったりなど、仕事を選びすぎていると稼ぎにくくなる可能性があります。

特にフリーランスになったばかりの頃は、実績やスキルが不足している方も多いでしょう。そんなときに仕事をより好みすると、受注できる仕事が少なくなったり中々採用してもらえなかったりと、一向に稼げるようになりません。

充分に稼げていないうちは、あまり選びすぎず何でも挑戦してスキルと経験を積み上げるのが得策です。

5.楽に稼げると思い込んでいる

フリーランスは好きな時間に好きな場所で働けるイメージから、楽に稼げると思い込んで挑戦する人も少なくありません。しかし実際は、収入を得るために寝る間も惜しんで仕事をする人や時間ができれば自己投資をして学んでいる人など、会社員よりも大変な環境で仕事をしているフリーランスが大半です。

「ちょっと仕事をしたから」「少し勉強して知識を身に付けたから」といって稼げるほど、甘い世界ではありません。ここを勘違いして飛び込んでしまうフリーランスが多いのも、稼げない原因の一つだと言えるでしょう。

理想のワークスタイルが実現できるのは、求められる人材になったうえで業務を効率化できるような工夫を施してこそです。

常に向上心を持ち、学び続けない限り、フリーランスとして成功できないと心得ておいてください!

稼げるフリーランスになるためのコツ3つ

そして、稼げるフリーランスになるためには3つのコツがあります。

  1. セルフブランディングする
  2. 人脈を構築する
  3. プロの自覚を持って行動する

1.セルフブランディングする

稼げるフリーランスになるためには、セルフブランディングして他者との差別化を図ることが大切です。

セルフブランディングとは?
自分自身を「ひとつの商品」として捉え、顧客に対する自分の価値を高めるための戦略。

狙いとしては、例えば「質が高い」「サポートが丁寧」「技術力が高い」といったイメージを顧客に植えつけ、あなた自身だったりあなたの仕事だったりに価値を感じてもらうこと。ブランディングに成功すれば、クライアントに「あなただからお願いしたい」と思ってもらえるようになりますし、報酬もアップする可能性があるでしょう。

まずは「現状自分にはどんな価値があるのか」「周囲にどう思われたいのか」「自分にしかできないことは何か」などを明確にして、そのイメージを定着させるためにはどんな風に活動していけばいいのかを考えてみてください!

2.人脈を構築する

フリーランスとして継続的に稼いでいくためには、人脈の構築が欠かせません。

そもそもフリーランスは案件獲得のために自ら営業する必要がありますが、必ず成功するとは限らないため収入が不安定になりがちです。また、ずっと営業を続けるのも効率的だとは言えないでしょう。

しかし人脈があれば、人づてに仕事をもらえたり、口コミで自分を売り込んでもらえたりと案件獲得の可能性を広げやすくなります。

たった1人でも圧倒的な信頼関係を築いておけば、次々と別のクライアントを紹介してもらえて仕事が途切れなくなるケースも珍しくありません。仕事に繋がらないとしても、情報交換したり仕事を協力しあえたりする仲間を作っておくことに損はないでしょう。

フリーランスとして食べていくために人脈構築は非常に重要なポイントなので、様々な人と出会い、関係を深めていってみてください!

3.プロの自覚を持って行動する

たとえ何の経験もなく仕事を始めた人であっても、フリーランスとして活動しているならその時点でプロです。

スキルアップに取り組んだり徹底的に自己管理したりするのはもちろんですが、常に最高のパフォーマンスを発揮しなければなりません。納期厳守や報告・連絡・相談の徹底、クライアントファーストな仕事も最早当たり前です。

そのうえでクライアントからの信頼を勝ち取れば、継続受注や単価アップに加え、他の仕事が回ってきたり、別のクライアントへ紹介してもらえたり、様々なメリットを得られるでしょう。つまりクライアントの成果に貢献して彼らからの信頼を得てこそ「稼げるフリーランス」になれるのです。

フリーランスとして活動する以上、常にプロ意識を持って仕事に取り組んでくださいね!

まとめ:稼げないフリーランスから脱出しよう!

以上、フリーランスが稼げるようになるためには相当な努力が必要不可欠です。

会社員と違い、フリーランスに守ってくれる会社や上司はいません。生き残るためには、スキルアップしたり徹底的に自己管理したり、プロの自覚を持って行動していきましょう。

なお、稼げない人はセルフブランディングを行う、人脈を構築するなど仕事が舞い込んできやすい環境を作るのも大切です。「あなただからこそ仕事を依頼したい」と思わせることができれば、仕事も獲得しやすくなるかもしれません。

あらゆる対策をしつつ常に向上を続け、稼げるフリーランスを目指していきましょう!

“一生使えるWebスキル”を60秒で診断しよう。

CTA-IMAGE 「フリーランスになりたいけど、どんなスキルを身につければいいかわからない」という悩みを解決すべく、東京フリーランスでは【Webスキル診断】をLINEで実施中です! Web制作・Webデザイン・アプリ開発・動画編集の中から「自分に合った理想の働き方はどれか」を診断し、みなさんの適性を見極めます。 診断後は結果に応じて【スキルの習得に必要な情報】も配信するので、気軽に登録してみてください!

フリーランス基礎知識カテゴリの最新記事