30DAYSトライアルがオンラインスクールになりました!1日1題90日でプロのWebスキルを身につけよう!

完全未経験から“1ヶ月”でフリーランスデザイナーになった方法とは?勉強~案件獲得の方法を現役デザイナーに聞いてみた

完全未経験から“1ヶ月”でフリーランスデザイナーになった方法とは?勉強~案件獲得の方法を現役デザイナーに聞いてみた

今回は、大手日系航空会社でのキャリアを捨ててWebデザイナーに転身し、正社員兼フリーランスの二刀流で活躍されている船越聖美さんに突撃インタビューしてきました!

実は聖美さん、当メディアを運営する東京フリーランスのCEO船越(@ryota_funakoshi)の妹さんで、彼女は兄から教わったアドバイスをフルで取り入れ、なんと未経験の状態からデザイナーとして1ヶ月で80万円を稼ぎ出してしまったんです。

そこで今回、聖美さんが一人前のデザイナーになる為にどんなプロセスを踏んだのか、そして聖美さんが未経験から1ヶ月で稼げるようになった「兄の教え」についても全て聞き出してきました!

未経験からWebデザイナーとして稼いでいきたい…。
Webデザイナーになる為のモチベーションが欲しい…。

この記事を最後まで読めば、完全未経験の状態からWebデザイナーになる為に必要なプロセスを、聖美さんのエピソードから全て学べるでしょう。是非最後までご覧ください!

聖美さん
【インタビュアープロフィール】
船越聖美(ふなこしきよみ)
1995年生まれ静岡県浜松市出身
法政大学理工学部に進学。分散システム専攻。
新卒で日系航空会社に勤務。現在はUIUXデザイナーとして活動中。「ステークホルダーと対等にビジネスの話ができるデザイナー」を目指して奮闘中。
初芝
【インタビュアープロフィール】
初芝賢(@hatushiba_ken
東京フリーランス編集長。現在はシステム開発のPMや新規事業に携わる一方で、フリーランスライターとして出版・キャッチコピー・WEBメディア連載などを手掛けている。東京フリーランスではインタビュアーや司会進行を務めることが多い。

大手日系航空会社からスタートした聖美さんのキャリア

初芝
本日はよろしくお願いします!
聖美さんは現在Webデザイナーとしてバリバリ働かれてるんですよね。
聖美さん
はい!
Webデザイナーになってから1年半ほど経ちますが、今までは正社員とフリーランスの二足のわらじで活動してきました。
今後はUI・UXデザイナーとして新しい会社に入社する予定ですが、もっとインプットやアウトプットする場を広げていきたいですね!
初芝
なるほど!
二足のわらじってすごいですね。
元々Webデザイナーを目指されてたんですか?
聖美さん
いえ、実は私、高校生の頃からパイロットになりたかったんです…。
パイロットしか頭になかったんですが、当然難易度もかなり高かったので、無理なら諦めてエンジニアになろうと思い、就活では航空業界やIT業界を主軸に置いていましたね。
初芝
そうだったんですね!
結局、どんな会社から内定をもらったんですか?
聖美さん
一つが某大手日系航空会社から、そしてもう一つが私の兄と同じ大手IT企業からそれぞれ内定をもらいました!
初芝
えー、めっちゃ凄いですね!(笑)
聖美さん
結局パイロットは最終で落ちてしまいましたが、航空業界は私の憧れでもあったので内定をもらっていた航空会社に入社することを決めたんです。
向いてなかったらそのとき考えればいいやと思って(笑)

「成果が数値化される仕事をしたい」と思いWebデザイナーへの転身を決意

初芝
実際に航空会社に入社してみて、どうでしたか?
聖美さん
入社後は「グランドスタッフ」として搭乗手続きや手荷物チェックなどをやっていました。
そこは今でもすごく好きな会社で、上司や先輩も良い人ばかりだったんですが…「接客業」は自分の力を測るのがとても難しいという点につまづいてしまったんです。

成果が見えないことに不安を感じていた

初芝
自分の力を測れなかった…ということですか?
聖美さん
例えば営業職なら、どのくらい商品やサービスが売れたのか数字で可視化されますが、接客業はその尺度がなく、成果を数値化できません。
聖美さん
というのも、私ってやるならとことんやりたい性格なんです!(笑)
航空会社で働いていた時も「誰よりも早く昇格してマネージャーになりたい」と思ってたし、今でも凄い人を見ると「もっとがんばらなきゃ…」と思っちゃうので、余計に数字にこだわりたいんだろうなと。
初芝
そうだったんですね!
昔からそうだったんですか?
聖美さん
学生時代にユニクロでアルバイトをしてたんですが、そこでも常に「売上枚数」の目標達成にこだわっていましたね。
例えば「1日で300枚」といった売上のノルマが課せられる時もありましたが、「絶対にノルマの枚数を超えてやるぞ!」と意気込んで取り組んだ結果、3ヶ月連続でMVPを頂いたこともありました!
初芝
なるほど、すごい。
つまり仕事をやる上で、「成果が見える化」されている方がよかったんですね。
聖美さん
はい…。
仕事はすごく楽しかったんですが、自分の仕事が客観的な成果として見えないことに、とにかく不安を感じたいたんです。

「1ヶ月で30万円稼げるようにしてやる」という兄の言葉を信じて航空会社を退職

聖美さん
そこで、今のキャリアについて兄に相談したら「もう明日辞めろ!退職届を出してしまえ!」と言われて…
本当に次の日に辞めちゃったんですよ!(笑)
初芝
なんと!?
決断がめちゃくちゃ早い(笑)
聖美さん
当時はかなりハードワークで、体調を崩して病院に通ったこともありました。
兄もハードワークで精神的に崩れたことがあったので、「崩れる前に正常な判断をしろ」と言われていたんです。
聖美さん
兄からも「俺が1ヶ月で月30万円稼げるようにしてやるから!」と言われていたので、その言葉を信じて思い切ろうと思いました(笑)

インプットしろ、手を動かせ、アウトプットしろ、人に会え!

初芝
航空会社を辞めた後、月30万円稼ぐ為に何か兄から教わったことってありましたか?
聖美さん
はい!
兄からは、大きく分けて4つのアドバイスをもらいました。
  1. まずはインプットしろ
  2. 手を動かしてトレースしろ
  3. 成果物を外に出せ
  4. 人に会え
聖美さん
これらの教えに沿ってひたすら行動していたら、1ヶ月後には本当に30万円以上稼げるようになっていました!
初芝
凄い…!
どんな内容だったのかめちゃくちゃ気になるので、順番にお聞かせください!

兄の教え「その1」:まずは徹底的にインプットしろ!

聖美さん
まずは「インプットしろ」と言われていたので、兄から教えてもらった本やブログをひたすら読んでいました。
本は「デザイン入門教室」「ノンデザイナーズブック」で、ブログは「baigie」「Goodpatch」「UX MILK」などです!
聖美さん
あとは「仕事用のTwitterアカウントも作っておけ」と兄から教えられていたので、仕事用アカウントを作ってデザインに関して呟いてる人を徹底的にフォローして情報収集していました。

兄の教え「その2」:手を動かしてトレースしろ!

聖美さん
次に「手を動かしてトレースしろ」と言われていたので、本やブログ、Twitterでインプットした後は、ひたすらアプリをトレースする日々が続きましたね。
初芝
なるほど。
アプリをトレースって、具体的にどんな感じやっていたんですか?
聖美さん
「イケてるアプリ100選」といったような記事を参考に、実際にアプリを100個全部落として1個ずつトレースしていきました!
初芝
え、それめっちゃすごいですね(笑)
ちなみに、100個全部トレースできたんですか?
聖美さん
あ、結局やれたのは30個くらいでした!(笑)
初芝
それでもすごい量ですね!(笑)

兄の教え「その3」:成果物をとにかく外に出せ!

聖美さん
次に教えられたのが「成果物を外に出せ」ということで、自分が作ったものはTwitterなどを使ってすぐにアウトプットしていました。
聖美さん
日々アウトプットしながら自分で「ポートフォリオ」を作成していったんですが、そうする内にある程度フォロワーさんが増えましたし、お客さんに見せられるものも増えていきました。

兄の教え「その4」:人に会え!

聖美さん
そして、最後は「とにかく人に会え」と教えられました。
当時私は「yenta」というビジネス版マッチングアプリを使い、1日に3人のアポを週に5回のペースでこなしていたんです!
初芝
めちゃめちゃハードじゃないですか(笑)
聖美さん
私の経歴を見て興味を持ってくれる人が多かったので、とにかく「こんな考えを持ってデザインしています!」「こんなデザイナーになりたいです!」といった想いを伝えました。
すると、中には仕事を発注してくれる人もいましたね
初芝
すごい!
ちなみに、デザインの勉強を始めてからyentaで色んな人と会うようになるまでにどのくらいの期間を要したんでしょうか?
聖美さん
いや、もうデザインの勉強をしながら人に会いに行ってました!(笑)
初芝
え、さすがに早すぎませんか…?(笑)
成果物もない段階で会って、どうやってアピールしたんでしょうか?
聖美さん
デザインの勉強を始めて2週間後にはもう人に会っていたと思います!(笑)
実際にお会いさせてもらう時は、とにかく自分の「デザインに対する考え」を熱弁していたんですが、そこで自分の考えに共感して頂き、受注に至るケースも多かったです!
初芝
すごい!
さすがですね!

兄の教えを実践した1ヶ月後には80万円を稼げるように!

初芝
兄の教えを実践した後、どれくらいの期間で初受注に至ったんでしょうか?
聖美さん
最初に受注した案件は、本格的にデザインを始めてから1ヶ月後くらいでした。
しかも、Webサイトではなくネイティブのアプリ案件だったんです!
初芝
なるほど。
どうやってその案件を獲得できたんですか?
聖美さん
たまたまWebデザイナーを探していた会社があって、チャンスだから「私やれます!」と手を挙げたんです。
そしたらお仕事をもらえることになって、アプリの画面70個をわずか1週間で作り上げました…!
初芝
1週間で70画面って…めちゃくちゃハード(笑)
初芝
その会社さんは、聖美さんが「デザイン未経験」ということを知った上で仕事を発注されたんですよね。
一体どうやってそんなに発注してもらえたのでしょう?
聖美さん
その会社のデザインを実際に見せてもらった際、「もっとこうした方がいいんじゃないか」といった提案を理論も交えながら細かく説明したんです。
そうして改善すべき理由や私が学んだデザインのルールなどを共有していたら「仕事を頼みたい!」と言われるようになりました。
初芝
なるほど!
じゃあ、兄の教えがめちゃくちゃ役に立ったんですね!(笑)
聖美さん
そうですね!
「”綺麗なもの”を作るのではなく”売れるもの”を作れ」そして「最初はとにかくルールに従え」という兄の教えを大事にしていたので。
初芝
ちなみに、最初のお仕事で受け取った報酬はどのくらいだったんですか?
聖美さん
80万円くらいですね。
初芝
80万円ですか!?
1ヶ月に30万円どころか、その倍以上稼いじゃったんですね(笑)

聖美さん
運が良かったです(笑)
兄がサポートしてくれなかったら、絶対デザイナーになんてなれてませんでしたよ…。
兄はほんと優しくて、私の仕事の悩みもちゃんと聞いてくれるし、もはやメンターのような存在です(笑)

初芝
ふなっしーの株がめちゃくちゃ上がってる(笑)

現在Webデザイナーとして活躍されている聖美さん(左)と東フリCEOの船越(右)。「兄の支えがあったからこそ今がある」と聖美さんも熱く語ってくれました。

Webデザイナーで稼げるかは「お客さん」と「自分のワークスタイル」で決まる

初芝
初案件を受注後は、どんな仕事をしていたんでしょう?
聖美さん
その後は、大手企業でヘルスケアアプリのデザインをしたり、ベンチャーでエンタメ系アプリのデザインをしたりしながら、フリーランスとしてデザインの副業もやっていました!
初芝
すごいですね…!
ちなみに、「フリーランスデザイナー」としてはどれくらい稼いでいたんですか?
聖美さん
多い時で月に40万円とかですかね。
これに本業での収入も加えると、合計で80万円くらいの時もありました!
初芝
めっちゃ稼いでますね…。
フリーランスデザイナーってそんなに稼げるんですか!?(しかも副業で…)
聖美さん
デザイナーとして稼げるかどうかは、お客さんや自分のワークスタイルによって大きく変わってくると思います。
聖美さん
私の場合は「時給制」のお仕事が多く、「長い目で見て継続して改善して欲しい」といった要望の依頼は受けますが、「短期間でアプリを仕上げて欲しい」といった短期の依頼はお断りしています。
聖美さん
もちろん、短期間でアプリを一個作るような案件は、多少ハードでも高い単価がもらえるかもしれません。
しかし、それが自分のワークスタイルに合うかどうかは別なので、仕事を取るならその辺りの兼ね合いもしっかり考えるべきでしょうね。
初芝
なるほど。
お客さんの依頼内容を自分のワークスタイルと照らし合わせてみて、それがマッチするかも重要だということですね。
聖美さん
はい!
私はお客さんと長期的に良い関係を築きながら、「徐々に単価を上げてもらう」といったスタイルで案件を受注しています。
聖美さん
実際に「こんなに頑張ってくれててこの単価じゃ申し訳ないから、上げさせてください!」とお願いされたこともありますし、頑張った分だけ評価してくれるようなお客さんに出会うことが重要だと思いますね!
初芝
間違いありませんね!
ところで、その案件はどうやって獲得されたんですか?
聖美さん
TwitterのDMから声かけてもらいましたね。
私の過去のTweetを見て「キャラや人柄が良さそうだったので、一緒にやりたいと思った」と評価をしてくれました!
初芝
なるほど。
全ては、兄の言う通りちゃんと仕事用のTwitterアカウントを作っていたからですね!
聖美さん
まさにその通りです!
結構Twitter経由でお話を頂くことも多いので、兄を信じていてよかったです!(笑)

一本の「note」がきっかけで、Webデザイナーとしての転職が決まることに。

初芝
そういえば、聖美さんは過去にnoteがめちゃめちゃバズっていましたよね。
聖美さん
はい!
実はこのnoteがこれから入社予定の会社に入るきっかけになったんですよ!
初芝
え、そうだったんですか!
聖美さん
noteでは、私にとって”人生の一冊”となった「はじめてのUIデザイン」という本を紹介しました。
noteで本書を紹介し、読んで実践したことをログに残していったんです。
聖美さん
そこで私が書いたnoteをきっかけに色々なご縁を頂き、デザイナーとして働ける会社を紹介してもらうことになりました!
初芝
す、すごい!
その会社が、これから聖美さんが働く予定の会社ですよね!
聖美さん
はい!
かなり手厚い面談をして頂き、キャリアについてもかなり熱心に教えてくれました。
そこでデザイナーとしてのキャリアを1日かけて考え直した結果…紹介頂いた会社で働くことを決めたんです!
初芝
すごいですね!
かなり夢のある話しだと思います。

聖美さんが書いたnoteはこちら↓

今後は、事業を考えられるデザイナーになりたい。

初芝
聖美さんはデザイナーとして今後どんなキャリアを積んでいきたいとお考えですか?
聖美さん
私は事業をちゃんと考えられるデザイナーになりたいと思っています。
「このサービスが本当に世の中に必要とされるのか」「事業として成り立つのか」といった検証段階から考えられる人材になりたいんですよ。
聖美さん
本来、事業に関する検証のフェーズでデザイナーの出番はありません。
でも、たとえ私がデザイナーというポジションであろうと、市場調査やPMFといった「検証」の部分から出番があるような人材になりたくて。
聖美さん
だから今後はもっとマーケティングも勉強していきたいです!
経営者やプロダクトオーナーとも対等に話せる人材になって「事業を作れるデザイナー」を目指します!
初芝
なるほど。
事業も一緒に考えられるデザイナーとなると、相当市場価値が上がりますね!

大事なのは、とにかく毎日実践を繰り返すこと。

初芝
では最後に、これからデザイナーを目指す人へ一言お願いします!
聖美さん
とにかく実践と行動を繰り返し毎日やること。
これが一番重要だと思います。
聖美さん
中には「デザイナーは難しいんだぞ、なめるなよ」と言ってくるような人もいますが、そんな意見は全部無視で大丈夫です。
しっかりと努力をしてきた人なら決してそんな発言はしないでしょうし、背中を押してもらえるような人を身近に置くと良いですね!
聖美さん
デザインは一足飛びですぐできるものではありませんが、勉強すれば絶対に収入も技術も上がるし、頑張っていれば必ず誰かが助けてくれます。
周りの目なんて気にせず、とにかく作ったものを世の中に出していけば、きっと誰かの目にとまると思いますよ!
初芝
聖美さん、本日はありがとうございました!

追伸:未経験から“仕事を獲得できる”Webデザイナーになりたいあなたへ

東京フリーランスは未経験でも楽しく学べるオンラインスクール”デイトラ”を運営しています。

そのデイトラ〜Webデザインコース〜」は、本記事でも登場した兄の船越が作成し、「Webデザインの知識から仕事の獲得方法」まで身につくカリキュラムとなっています

聖美さんに教えていたWebデザインで稼ぐ為のノウハウはもちろんのこと、デザインに関する基本から応用、そして案件の獲得方法までを網羅しています。

これから本気でWebデザイナーを目指そうと考えている人は、是非デイトラのWebデザインコースをチェックしてみてくださいね!

LINE@にて限定情報公開中!

CTA-IMAGE 『転職したい!』 『理想的なライフスタイルを実現したい!』 『フリーランスになりたい!』 そういう要望を持っている方向けに、週に1度リアルなお役立ち情報を配信しています。 登録すれば、LINE@限定「最短でプログラマーになるための転職ロードマップ」も確認できます!

フリーランスインタビューカテゴリの最新記事