【現在3000名】無料のフリーランスコミュニティ『東フリサロン』はこちらからどうぞ!

フリーランス向け無料保険サービスFREENANCE(フリーナンス)の仕組みは?無料で使えてデメリットはない?全部担当者に聞いてきました!【PR】

フリーランス向け無料保険サービスFREENANCE(フリーナンス)の仕組みは?無料で使えてデメリットはない?全部担当者に聞いてきました!【PR】

※この記事はアフィリエイトポリシーに則り作成されています

昨年10月、「フリーナンス向けの保険が無料で使えるサービスができた!」とフリーランス界隈に大きな話題を呼んだサービスがあります。
その名はFREENANCE(フリーナンス)
GMOが新しく始めた、フリーランス・個人事業主を支えるお金と保険のサービスです。

でも、
「サービス内容がいまいちピンとこない…」
「そもそもなんで無料でできるの?」
という疑問がありました。

そこで、GMOさんへ突撃し、フリーナンス広報担当者ジャンさんにお話を伺ってきました!
「単なるPR記事ではなく、いちフリーランスの視点から聞きたいことを聞く」
という東京フリーランスの理念に沿った取材スタイルについてもご理解頂き、気になる部分をバシバシ聞いてきました!

記事のポイント
・フリーナンスってどんなサービス?
・どんな仕組み?
・無料で使えるけど、デメリットはないの?

など、フリーランスの特徴がわかる内容になっています!
フリーランスのリアルな金銭トラブルについても伺えたので、フリーランスの方必見です!

フリーナンス(FREENANCE)の三大サービス:収納代行・あんしん補償・即日払い

初芝
ジャンさん、本日はよろしくお願い致します!
早速ですが、フリーナンスのサービスについて教えてください!
ジャン
よろしくお願いします!
大きく三つのサービスがあります。
収納代行あんしん補償即日払いの三つです。


ジャン
一つずつ説明しますね!

①収納代行:使えば使うほど与信スコアが溜まる収納代行口座!

ジャン
まず一つ目の収納代行ですが、GMOあおぞらネット銀行のバーチャル口座を無料で開設します。
これはフリーランスの方が仕事の報酬の振込先として利用できる振込専用の銀行口座です。
口座名義にはお名前や会社名のほか屋号やペンネームなどもつけることができます!
この口座に取引先から入金があったら、毎週金曜日にメインバンクへ無料で振り替えます。
初芝
なるほど!入金の受け皿として使えるんですね!
初芝
でも、そちらの収納代行口座を使うメリットってありますか?
メインバンクに直接指定すれば使わなくてもいいのかな…と思えてしまって。
ジャン
あります!
この振込専用口座を使えば使うほど、フリーナンスの与信スコアが上がるんです。
与信スコアが上がると、「即日払い」サービスの手数料が下がり利用可能額の上限が上がります。
また、今後のサービス展開の中で、この与信スコアを金融機関と連携することも考えています。
こちらについては後ほど詳しく説明しますね!
初芝
与信スコアですか!
たしかに、フリーランスの信用問題は結構心配になりますね…。
あとで詳しくお聞かせください!

②あんしん補償:無料で使えるフリーランス向け保険!

初芝
二つ目のあんしん補償はどんなサービスですか?
個人的には、このサービスが一番気になっています。
ジャン
あんしん補償は、無料のフリーランス向け損害賠償保険です。
お仕事中の事故や納品物の欠陥を原因とする事故の補償(最高5,000万円)だけでなく、情報漏えいや著作権侵害、偶然の事故による納期遅延などを原因とするフリーランス特有の事故の補償までカバーしています。
初芝
フリーランスが何か仕事で大きなミスをしたときの保険ですね!
実際、そういう事例って多いんですか?
ジャン
結構あります!
例えば、「期間内に委託業務を完了できなかった」ってなったときに、損害賠償が請求されたという話があります。
パソコンの不具合で納品データが消えてしまったとか。
発注者へ納品した成果物が第三者の盗用にあたるとされて、損害賠償請求を受けたとか。
そういったときに生じる法的な損害の賠償に利用できる保険です。
初芝
WEB制作の受託をして病気や事故にあった場合とか、それで損害賠償請求されると思うとぞっとします…。
フリーランスからしたら他人事じゃないですね。
ジャン
また、あんしん補償はフリーランスへ発注する企業さんにとっても安心できる仕組みになっています。
国内最大級の反社会的勢力データベースにて、登録を希望するユーザーを一人ひとり「反社チェック」をするので、フリーナンスのユーザーは反社会的勢力ではないことがわかります。
反社じゃないし、いざというときにはあんしん補償もあるから、フリーナンスのユーザーに発注する企業さんも安心してお仕事をまかせられるんです。
初芝
なるほど!
フリーナンスに入っているということが、社会的信用の証明にも使えるんですね。

③即日払い:請求書を買い取り、メインバンクに即入金!

初芝
三つ目の即日払いサービスとはどんなものですか?
ジャン
簡単にいうと、ユーザーの請求書を買い取って、メインバンクに即日入金するサービスです。
しかも、即日払いの利用は取引先の企業には知らされません。

ジャン
今、カメラマンさんやライターさんからよく即日払いの申込があります。
カメラマンさんの場合はアシスタントを雇っている方も結構いらっしゃるので、「給料も払えないくらい現金がない」ということが多いみたいで。

ジャン
他にも、作家さんやデザイナーさんなどモノを作って売るという商売をしていて材料費が必要な人も現金的に厳しかったり。ライターさんだと遠出の取材が多いというケースもありますね。
地方への取材が月何件もあるのに支払いが60日後とか90日後ってなると、交通費や宿泊費だけでも、なかなか厳しいということになります。
初芝
おお……。
それ、思わぬ落とし穴ですね。
これからフリーランスになろうという人でも、入金のタイミングについてあまり意識していない人が多そうです。
ジャン
「勢いよくフリーになったけど……」というケースはありますね。
フリーランスが銀行からお金を借りるのはなかなかのハードルですし。
ジャン
実は、即日払いサービス利用者の約三割がエンジニアさんなんですね。
そうすると、サーバー代とかを自分で立て替えて請求するとか、「システム構築など本人が請け負ったお仕事が終わり、請求書は発行できたけど、サイトリリースされるまで支払われない」とかがよくあるみたいで。
特にエンジニアさんの場合は単価も高いし、その案件をやってる間は他の仕事が受けられないし、という問題が発生するんです。
初芝
エンジニアさんが多いんですね!
でもたしかに、フルコミットで仕事してるのに支払いがないとかなると困りますもんね。
初芝
ちなみに、利用の流れとしてはクライアントに出してもらった請求書をお渡しする形ですか?
ジャン
ユーザーさんのマイページにて請求書をアップロードして頂くと、弊社で審査した後に即日払いをしています。
その時に、利用料として額面の3%~10%が発生します。
これも利用すればするほど与信スコアが上がっていって、利用料は下がっていきます。

初芝
これも与信スコアと連動しているんですね!

フリーランス達と働いて16年。フリーナンスは現場で聞いてきた声から生まれた。

初芝
聞けば聞くほど、フリーランスのリアルな実情から生まれたサービスだなという印象があるのですが、フリーナンスが生まれた背景はどのようなものでしょうか?
ジャン
もともと弊社は事業の一環として編集プロダクションを運営しています。
取材記事やコラムなど今まで10万件に及ぶコンテンツを制作していて、多くのライターさんやカメラマンさんに発注してきた中で生まれたサービスです。
彼らと協力しながら16年間やってきた中で、お金周りにで困っている・トラブルにあっているという声をよく耳にしてきたんです。
ジャン
例えば、フリー画像と思って使っていたものがフリーじゃないとわかって、お金を請求されたけど、どうすれば良いか分からないと相談されたこととかもありました。
それで、「やっぱりフリーランスの人は困ってるよね。少しでも役に立てたら!」という思いで、副社長が一年半頭抱えながら、弁護士事務所に通いつめたりして考えていたんです。
初芝
臨場感が伝わるので使わせてください!(笑)
初芝
ちなみに、リリースした感触はどうでしたか?
ジャン
想定を遥かに超える反響がありました。
困ってるフリーランスの方って本当に多いんだなーって感じです。
特に、エンジニアさんがあれだけ使ってくれるとは思ってませんでした。
やっぱり1案件あたりの単価が高いのもありますし、支払いサイトが遅いのが多いというのもあるんでしょうね。
初芝
なるほど…。
フリーランスエンジニアはどんどん増えてますし、これからも需要は高まりそうですね。

 

保険を無料で利用できる理由とは?

初芝
フリーナンスさん、伺っているとかなり良いサービスだなと思えます。
ただ、一つ気になっている点がありまして…。
それは、「なんでゼロ円で利用できるの?」という点です。
普通、保険会社は保険料を徴収することで成り立っているビジネスモデルなのに、それを無料にしてどうやって実現できているのかなと。
ジャン
保険料は弊社が代わりに払っているので、ユーザーの皆さんは無料で利用できています。
フリーナンスは即日払いの利用料を収益の柱としているため、保険料の肩代わりが実現できているんです。
立ち上げ時に、「即日払いのユーザー数がこれくらいいたら保険料を賄えるな」という試算のもと、サービスリリースしました。
「儲かるというより、賄える」という発想の方が近いですね。
初芝
なるほど!
でも、それ逆に大丈夫ですか?
保険料の立て替えをしているせいで、フリーナンスがサービスを継続できなくなったりしませんか…?
失礼な話ですが、僕が今日入っても来月にはサービスなくなったりしたら悲しいなと……。
ジャン
今のところ、当初の試算ラインに近いレベルで利益が出ているので、当面は大丈夫です(笑)
また、当社が万が一、倒産した場合にもユーザーのみなさんからお預かりした代金は金融機関と締結している「保全信託契約」により保護されますので、ご安心ください(笑)
初芝
なるほど!安心しました!
それにしても、保険会社みたいなことしてるのに保険会社とはビジネスモデルが違うんですね。
ちなみに、ユーザーに対する広告とかもあったりしますか?
ジャン
今のところ、広告のメールとかも全然送ってないです。
お話はもらってるんですけど、「あまり関係ないメールをユーザーさんに送りたくない」というのが大きいですね。

初芝
本当にユーザー目線ですね!
東京フリーランスもユーザー目線でのコンテンツを作っていますので、とても共感します。

今後は金融機関と連携し、ローンやリースの提携に役立てる予定。

初芝
今後の展開について教えて頂けますか?
ジャン
今後の展開予定については、二つあります。
月額会員制度金融機関連携です。
ジャン
一つ目の月額会員の話ですと、振込口座からメインバンクへの振替頻度を上げるサービスを考えています。
今は週一回金曜日に行っているのですが、振替手数料は弊社負担なんです。
費用的に、ぎりぎりのラインが週一回なんですね。
これが不便で「振替回数を増やしたい!」というニーズがあれば、月額会員も設けることを検討しています。
ジャン
二つ目の金融機関連携については、弊社の与信スコアを金融機関と連携して、ローンやリースの提携に役立てようと銀行と相談しているところです。
もちろん、同意を得た会員さんに限ります。
初芝
おお!それはすごいですね!!
フリーランスにとって大きなネックが「稼いでいたとしても社会的信用が低い」というところですからね。
それが解消できれば、フリーランスにとって大きな後押しになると思います。
ジャン
銀行だとフリーランスの方の実態を把握するのが難しいですからね。
職場もないですし、住所とせいぜいクレカの履歴くらいしか確認できるものがなかったり。
その信用確認を助けるサービスになります。
初芝
なるほど!
ということは、早めにフリーナンスを利用して信用スコアを貯めていくと、のちのち助かりそうですね!
ジャン
そうですね!
収納代行として利用するだけでもスコアは溜まっていくので、ぜひ積極的に使っていってください!

フリーナンスからフリーランスへのメッセージ

初芝
最後に、フリーランスの方へのメッセージを頂けますか?

ジャン
フリーランスの方って一人で営業や制作から請求・入金の管理までするって本当に大変だと思います。
仕事の能力はすごいあるけど、お金まわりがあまり得意じゃないという理由で、フリーランスになるのを恐れている方や、金まわりやトラブルなどの心配ごとに時間を取られたくない方がたくさんいらっしゃると思います。

ジャン
「フリーナンス」があることで、フリーランスの方がより自分の本業に専念してもらえればと思います。
これからもっと様々な方面で支援できるようなサービスになるように頑張ります!

初芝
ジャンさん、今日はありがとうございました!

今回、GMOさんへFREENANCE(フリーナンス)について突撃インタビューをさせて頂きました。
急な取材依頼にも関わらずご快諾頂き、とても丁寧に説明してくださいました(途中突っ込んだ質問もしてしまいましたが…)。

話を聞いていて、フリーランスには絶対おすすめのサービスだなと改めて感じました。
なにより、ジャンさんがフリーナンスについて熱く語っていた姿がとても印象的でした。
担当者の方が自信を持ってその良さを語れるサービスはとても魅力的ですね。

フリーランスは自分の身を自分で守らなければいけません。
予期せぬ損害賠償請求や資金切れに備え、できる準備をしておきましょう!

LINE@にて限定情報公開中!

CTA-IMAGE 『転職したい!』 『理想的なライフスタイルを実現したい!』 『フリーランスになりたい!』 そういう要望を持っている方向けに、週に1度リアルなお役立ち情報を配信しています。 登録すれば、LINE@限定「最短でプログラマーになるための転職ロードマップ」も確認できます!

特集カテゴリの最新記事