【必見】フリーランスの案件獲得に必要な準備と仕事の探し方7つ

【必見】フリーランスの案件獲得に必要な準備と仕事の探し方7つ
フリーランスはどうやって仕事を探すんだろう…。
仕事探しで失敗しないためのコツはある?

世情の変化もあり、年々注目度が高まっている「フリーランス」という働き方。会社に属さず自由に働けたり、案件をこなすほど高収入を目指せたりする点に魅力を感じる人は少なくないでしょう。

とはいえ、当然ですがフリーランスは仕事を獲得できない限り収入を得られません。

憧れて飛び込んだところで、仕事が見つからず生活できなくなると再び会社員に戻る羽目になります。フリーランスとして活動していくなら、まずは仕事を獲得する術を身に付けておく必要があるでしょう。

そこで今回は、フリーランスにおける仕事の探し方や仕事探しで失敗しないコツを解説していきます!

本記事の内容
・仕事探しに必要不可欠な準備
・フリーランスにおける仕事の探し方
・仕事探しを成功させるコツ

仕事に困りたくないフリーランスは、ぜひ参考にしてみてください!

デイトラちゃん
今ならLINE限定であなたにピッタリのスキルがすぐに分かる「Webスキル診断」を実施してるよ! 下のバナーをタップして一生使えるWebスキルを30秒で診断してみてね!

こちらから今すぐ診断する▼

フリーランスの仕事探しに必要不可欠な準備

まず、フリーランスが仕事を探すためには以下2点の準備が必要不可欠です。

  1. 営業力を身につける
  2. ポートフォリオを用意する

どちらも最低限必要な準備なので、必ず確認しておきましょう!

1.営業力を身につける

フリーランスが仕事を獲得するなら、営業力は絶対に欠かせません。

会社員であれば営業は専門の「営業担当者」、企画は「企画担当者」といったようにそれぞれ役割分担できます。しかし、フリーランスは当然ながら営業から企画、制作など全ての業務を1人でこなさなければなりません。特に営業は成功させない限り仕事ができないので、非常に重要な業務です。

営業力はある程度数をこなしてこそ身に付くものですが、まずは念入りな自己分析により、スキルや経験など自分の強みを洗い出しておきましょう。そして、「相手のニーズに合わせつつ自分を効果的にアピールするためにはどうすれば良いか」を常に意識しながら営業してみてください。

もしも営業が評価されなかったのであれば、原因を明らかにして改善していくことも大切です!

2.ポートフォリオを用意する

フリーランスが仕事を獲得するにあたり、ポートフォリオも絶対に用意しておくべきです。

そもそもですが、営業メッセージ・トークがどれだけ素敵でも、実力の分からない相手に仕事を依頼しようとは思いません。依頼してもらうためには、「私はこんなことができます」「過去にこのような案件に携わってきました」などと実績がわかるものを先に提示する必要があります。

ポートフォリオは凝ったものでなくても良いので、過去の制作物や着手した案件をまとめて早めに作っておきましょう。

フリーランスにおける仕事の探し方7つ

では、フリーランスが仕事を探す方法を7つ紹介していきます。

  1. クラウドソーシングを利用する
  2. 企業に直接営業する
  3. SNSを利用する
  4. 既存クライアントへ再営業する
  5. 知人に紹介してもらう
  6. 交流会に参加する
  7. フリーランスエージェントを利用する

職種によって探し方には向き不向きがあるので、あなたに合った方法を見つけていきましょう!

1.クラウドソーシングを利用する

主にネットを使って仕事をしているフリーランスにとって最も一般的かつ手軽な案件獲得方法は、クラウドソーシングの活用です。

クラウドソーシングとは?
インターネット上で「仕事を依頼したい人」と「仕事を受けたい人」をつなぐサービスのこと。案件の応募からクライアントとのやり取り、納品、報酬受け取りまでの全てをサービス内で完結させられる。

クラウドソーシングのメリットは、顔を合わせたり会社へ出向いたりすることなく全国のクライアントから仕事を受けられること。クライアントとの間を仲介してくれるため、報酬未払いなどのトラブルもほとんど起こりません。

初心者向けの案件も多く、駆け出しフリーランスでも自分にマッチする仕事を探しやすいでしょう。

なお、代表的なクラウドソーシングは以下の2サービスです。

トークでアピールできない分プロフィールや提案文で全てが決まるので、しっかり練ってから営業してみてください!

2.企業に直接営業する

仕事の探し方として、企業に直接コンタクトを取ってみるのもおすすめです。

たとえ大々的に募集していなくても、外注先を探している企業はたくさん存在します。他のフリーランスが目をつけていないからこそ、条件さえマッチすれば高確率で案件を受注できるかもしれません。

まずは企業のホームページやSNSをチェックし、問い合わせフォームから営業メールを送ってみましょう!

3.SNSを利用する

最近では、SNSを使って仕事を探すのも主流となりつつあります。

SNSは誰でも気軽に情報発信ができるうえに、多くの人が閲覧できるツール。求人サイトやクラウドソーシングを介さなくても仕事を獲得できますし、仕事用のアカウントを上手に運用していけばクライアント側からスカウトされる可能性もあります。

なお、クラウドソーシングと同様に、SNSを利用した案件獲得も文章での営業力が欠かせません。営業文に力を入れつつ、事業だけでなく人間性もアピールできるような発信を心がけてみましょう。

4.既存クライアントへ再営業する

既存のクライアントへの再営業でも、新しい案件を受注できたり、別の仕事を紹介してもらえたりする可能性があります。

既にいくつか案件をこなしていて信頼を獲得しているクライアントがいるなら、他の案件が無いか打診してみると良いでしょう。

ただし、単に「新しいお仕事はないですか?」と聞くだけでは中々案件を頂けません。自分が新しく習得したスキルや他の案件で得た経験などを元に、クライアントのためになる具体的な仕事内容を提案し、スムーズに案件を獲得できるよう工夫してみてください!

5.知人に紹介してもらう

職種によっては、知人からの紹介で仕事を得られることもあります。

周りの人脈を使っての紹介は信用がはじめからある状態なので、案件獲得や継続につながりやすいのもポイント。知人から直接依頼されるだけでなく、紹介で他者から仕事が舞い込んでくることも少なくありません。

普段から周囲にあなたがどんな仕事をしていて何ができるのか伝え、横のつながりを構築しておくと良いでしょう。

6.交流会に参加する

交流会の参加により、仕事を獲得できることもあります。

特に異業種交流会に参加するとさまざまな職種の方に出会うことができ、思わぬ業界の方から仕事を依頼されるケースも珍しくありません。

また、人脈を作っておけば、情報交換できたり手を組んで仕事の幅を広げられたり、案件獲得以外にも多くのメリットを得られます。人とのつながりが希薄になりがちなフリーランスこそ、オンライン・オフライン問わず交流会には積極的に参加していきましょう。

7.フリーランスエージェントを利用する

どうしても自分から営業するのが苦手だという方は、フリーランスエージェントを利用するのも1つの方法です。

フリーランスエージェントとは?
企業とフリーランスをマッチングしたり、フリーランスの営業をサポートしてくれたりするサービス。

フリーランスエージェントを利用すれば、クライアントとの間にエージェントが入ってくれるうえ、自分では直接営業しにくいような大手企業にも営業してもらえます。単価交渉や面談の日程調整なども代行してくれるので、案件獲得に至るまでのやり取りで消耗することもないでしょう。

フリーランスエージェントが提供する案件はITエンジニア、Webデザイナーなど主にIT系が多いですが、興味のある方はこちらの記事もチェックしてみてください↓

フリーランスが仕事探しを成功させる3つのコツ

仕事探しで成功するためには、以下3つのコツをおさえておきましょう。

  1. クライアントの信頼性を確かめておく
  2. 案件を選びすぎない
  3. スキルアップできる仕事に挑戦する

1つずつ順番に解説していきます。

1.クライアントの信頼性を確かめておく

仕事へ応募する際は、クライアントの信頼性を予め確かめておきましょう。

というのも、中にはこちらのような「悪質クライアント」も存在するからです。

  • 報酬を支払わない
  • 単価と仕事内容がズレすぎている
  • 何度も修正を依頼される
  • 案件内容が怪しい

万が一悪質クライアントに当たってしまうと、どれだけ条件が良くてもトラブルが起きてしまったり、無駄な労力を消耗したりしかねません。

クライアントの信頼性は周囲の評価、契約に至るまでのやり取りなどで確かめるしかありませんが、少しでも不信感を抱く場合は契約を避けるのが無難でしょう。

2.案件を選びすぎない

仕事探しをスムーズに進めるのであれば、案件を選びすぎないのもポイントです。

せっかくフリーランスになったからには自分の好きな仕事だけで食べていきたいと思うかもしれません。しかし、特に独立初期の実績とスキルが乏しい段階では、案件を選び過ぎると仕事が無くなってしまいます…。

あまりにも消耗する案件は受けなくても良いですが、実績ができるまでは色々な案件に応募してみましょう!

3.スキルアップできる仕事に挑戦する

仕事を探す際は「自身のスキルアップにつながるか」といった点にも注目すべきです。

今後フリーランスとして生きていくのであれば、常にスキルアップが必須。たとえ希望より単価が低くても、自身の成長につながるような仕事であれば長い目で考えると大きなプラスかもしれません。

少し難しいぐらいの案件に挑戦すると新たにできることも増え、それを武器に新規営業も可能でしょう。

特に初心者のうちは単価にこだわりすぎず、スキルアップにつながるような仕事・クライアントを選んでみてください!

まとめ:自分に合った仕事の探し方で安定したフリーランス生活を送ろう!

以上、フリーランスにおける仕事の探し方は主に7つあり、仕事探しを成功させるためには営業力を身に付けたりポートフォリオを用意したりといった事前準備も欠かせません。

また、常に安定して仕事を獲得していきたいならクラウドソーシングやエージェントに頼りすぎず、普段から人脈も作っておきましょう。

自分の職種やワークスタイルに応じた仕事の探し方を活用し、飛躍できるフリーランスを目指してくださいね!

“一生使えるWebスキル”を60秒で診断しよう。

CTA-IMAGE 「フリーランスになりたいけど、どんなスキルを身につければいいかわからない」という悩みを解決すべく、東京フリーランスでは【Webスキル診断】をLINEで実施中です! Web制作・Webデザイン・アプリ開発・動画編集の中から「自分に合った理想の働き方はどれか」を診断し、みなさんの適性を見極めます。 診断後は結果に応じて【スキルの習得に必要な情報】も配信するので、気軽に登録してみてください!

フリーランス基礎知識カテゴリの最新記事