【営業効果大!?】フリーランスに名刺があると良い理由や作成のポイントを徹底解説!

【営業効果大!?】フリーランスに名刺があると良い理由や作成のポイントを徹底解説!
フリーランスとして活動するにあたり、名刺は必要なのかな?
名刺には何を書けばいいんだろう…。

結論から言うと、フリーランスにとって名刺は必需品ではありません。対面での営業や直接コミュニケーションを取る機会が多い場合を除き、名刺を持つかどうかは個人の自由です。

とはいえ、名刺は案件獲得やクライアントからの信頼アップにつながる重要なツール。持っていないと恥ずかしい思いや損をするシーンもあるかもしれません。たとえフリーランスであっても、ビジネスの成長を考えるなら名刺はないよりあった方が良いです。

そこで今回は、フリーランスが名刺を持つメリットや記載事項、作成方法について解説します!

本記事の内容
・フリーランスが名刺を作るべき3つの理由
・名刺に記載する項目
・名刺の作成方法とポイント

フリーランスが名刺を活用する目的を知っておきたい…。
名刺にはどんな情報を盛り込むべきなのかな…。
せっかくなら印象に残る名刺を作りたい…。

こう考えていた方は、ぜひ参考にしてみてください!

デイトラちゃん
今ならLINE限定であなたにピッタリのスキルがすぐに分かる「Webスキル診断」を実施してるよ! 下のバナーをタップして一生使えるWebスキルを30秒で診断してみてね!

こちらから今すぐ診断する▼

フリーランスが名刺を作ると良い3つの理由

早速ですが、フリーランスが名刺を作ると良い理由は以下の3つです。

  1. 自分を売り込む営業ツールになる
  2. 相手に安心感を与えられる
  3. 見込み客の増加につながる

1つずつ解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

1.自分を売り込む営業ツールになる

名刺は単なる挨拶のためだけでなく、自分を売り込む営業ツールにもなり得ます。

例えビジネスシーンでなくとも、名刺がきっかけであなたに興味を持ち、仕事をオファーしてくれたり紹介してくれたりするケースは少なくありません。つまり名刺は広告としての役割も果たしてくれるのです。

なお、Web関係のフリーランスなど普段は対面で仕事をしない場合でも、人と会ってコミュニケーションを取る機会はいつ訪れるか分かりません。

名刺を渡すとそれだけで横のつながりを持てるうえ、好印象を得れば将来の仕事につながる可能性もあるでしょう。

2.相手に安心感を与えられる

名刺を渡せばあなたの身分が明らかになり、相手に安心感を与えられます。

そもそもですが、フリーランスには「会社」という後ろ盾がありません。最初はどうしても信用に欠けがちなので、どこの誰で何ができるのかを明確にして安心感を与えるのは非常に重要です。

名刺で身分を証明すればクライアントからの信用を勝ち取りやすくなり、仕事を獲得できる機会も増えていくでしょう。

3.自分の存在を印象付けられる

名刺は、「自分の存在」をアピールするためのものでもあります。

相手の手元に残るため見返せばいつでも思い出してもらえますし、デザインや内容によってはその場の会話が弾み、より自分を覚えてもらいやすくなるでしょう。また、渡す行為だけでも「プロ意識がある」と好印象を与えられます。

フリーランスとして活動していくにあたりまず重要なのが、自身をいかに知ってもらうか。仕事につなげたいのであれば、相手への印象付けは欠かせません。

認知度の低い駆け出しのフリーランスこそ、名刺を活用すべきだと言えるでしょう。

フリーランスの名刺に記載する7つの項目

フリーランスが名刺を作るなら、最低でも以下7つの項目は記載すべきです。

  1. 名前
  2. 住所
  3. 屋号
  4. 職種・肩書き
  5. 連絡先
  6. ポートフォリオ
  7. SNSアカウント

それぞれのポイントを解説していくので、順番に確認していきましょう!

1.名前

名刺の大きな役割は、自分の名前を覚えてもらうことです。

名前は特に目立つようレイアウトし、難しい漢字にはふりがなやローマ字も必ず記載してください。

なお、フリーランスはペンネームや匿名で活動している方も少なくありませんが、名刺には本名も記載するのがベストです。信用度が高まりやすいうえ、請求の際などに相手の混乱を防げるでしょう。

2.屋号

屋号があるフリーランスは、名前とともに記載しておきましょう。

開業済みの個人事業主であることがわかり、安心感を与えられます。

名前と同様に、難しい読み方をする屋号にはふりがなも表記しておいてください。

3.住所

仕事の拠点となる住所が記載されていると、身元がわかるので信用を得やすいです。

とはいえ、自宅を職場にしているフリーランスは、安全面から住所記載に抵抗があるかもしれません。その場合は、「住所あり」と「住所なし」の2パターン用意しておくのが望ましいでしょう。

知らせる必要がある相手には住所あり、それ以外の方には住所なしの名刺を渡すなど、状況に応じて使い分けてみてください!

4.職種・肩書き

職種や肩書きは、相手に最も見られる重要項目です。

そもそも名刺の目的は名前や可能業務を知ってもらい、アクションを起こすきっかけを作ること。何ができる人か伝えない限り仕事にはつながらないので、職種や肩書きは必ず記載してください。

ただし、長々と書いたり抽象的だったりすると印象に残りません。「Webデザイナー」「プログラマー」「SEOコンサルタント」など、分かりやすく簡潔に記載しましょう。

5.連絡先

名刺において、連絡先の記載は必須です。

どの連絡先を書くべきかは職種によって異なりますが、基本的には電話番号とメールアドレスを載せてください。いずれもすぐに対応できて、尚且つプライベートとは別の連絡先が望ましいでしょう。

なお、最近では無料通話・チャットアプリなども連絡手段の主流になりつつあります。職種にもよりますが、電話番号の記載に抵抗があるならLINEやChatWorkのIDでも問題ありません。

6.ポートフォリオ

ポートフォリオサイトのURLなどを名刺に載せておくと、渡した相手があなたの実績をすぐに確認できます。名刺交換から仕事依頼までがスムーズに進むうえ、実績を確認したうえで新しい業務をお願いされる可能性もあるでしょう。

ただし、URLを名刺にそのまま記載すると相手に入力させる手間をかけてしまうので、親切だとは言えません。サイトを実際に確認してもらう確率を高めるためにも、以下の手段を用いてみてください!

  • URLをQRコードに変換して記載する
  • 「○○で検索」と記載する※検索結果で確実にヒットする場合

7.SNSアカウント

仕事関係の発信をしているSNSアカウントがあるなら、IDやURLを名刺に記載しましょう。

フリーランスがクライアントに選ばれる基準の一つとして、「人柄」が挙げられます。会社という後ろ盾が無い分、技術や実績に加え大きな判断材料になるのです。その人柄を伝えるにあたり、SNSは大きな役割を果たすでしょう。

簡易な連絡手段としても有効なので、SNSを運用している方はぜひ盛り込んでみてください。

フリーランスの名刺は裏面も重要!

名刺は裏面にも何か書くべきなの…?

結論、名刺の裏面が白紙ではかなり勿体ないです。表面だけでは情報が足りず、せっかくのアピールチャンスを無駄にするかもしれません。

そもそも日頃から名刺交換をしている方は、当然ながらたくさんの名刺を持っています。自分と同じ職種の名刺もあるでしょう。その中から選ばれたいのであれば、必要な情報を網羅しつつ目に留まる名刺に仕上げなければなりません。

裏面には以下のような項目を記載して「選ばれる名刺」を作りましょう!

  • 詳しい事業内容
  • キャッチコピー
  • 自分の強み
  • 保有資格や事業に対する想い

なお、「記載する情報がないな…」という方は、趣味や出身地などの詳細プロフィールを記載するのもおすすめです。名刺交換の際に話題のきっかけになれば、より強い印象付けにつながるでしょう。

名刺を作るなら裏面までしっかり活用し、効果的なアピールに役立ててみてくださいね!

フリーランスが名刺を作成する3つの方法

フリーランスが名刺を作る方法は、主に以下の3つです。

  1. すべて自作する
  2. テンプレートを使う
  3. プロに任せる

作成方法によって仕上がりやデザインも大きく変わるので、好みに合わせて選んでみてください!

1.すべて自作する

まず1つ目が、デザインから印刷まですべて自分で行う方法です。

メリットとしては、思い通りの名刺が作れること。対してデメリットは、それなりのスキルと専用ツールが必要不可欠なことでしょう。

なお、名刺制作に使えるアプリは以下のようなものがあります。

  • Illustrator
  • Canva

アプリの知識があり、印刷できる環境が整っているのであれば、自作に挑戦してみても良いでしょう。

2.テンプレートを使う

「完全に自作はちょっと…」という方は、テンプレートを使って作成するのがおすすめです!

最も簡単なのは、名刺作成サイトでテンプレートを選び、好みの調整をして注文する方法。少しは自分らしさを出せますし、印刷は専門の業者が行うためムラのない綺麗な仕上がりが期待できます。

また、IllustratorやCanvaにもある程度のテンプレートがあるので、それらをアレンジしても良いでしょう。

テンプレートを使うと完全オリジナルとはいきませんが、簡単におしゃれな名刺を作りたいならぜひ活用してみてください!

3.プロに任せる

名刺は、デザイン会社や個人のデザイナーなどに全てお任せで作ってもらう方法もあります。

他の方法に比べコストがかかりますが、その分オリジナリティ・クオリティともに高い名刺が手に入るでしょう。

「ひと味違った名刺がほしい」という方は、ぜひプロに名刺制作を依頼してみてください!

フリーランスが印象に残る名刺を作るポイント

名刺はあなたの分身であり、いかに印象付けられるかが重要です。

ありきたりな名刺ではすぐに忘れられてしまうので、以下2つのポイントを意識してみてください。

  1. デザインにこだわる
  2. 顔写真や似顔絵を入れる

頭一つ抜ける名刺を作るために、1つずつチェックしていきましょう!

1.デザインにこだわる

名刺のデザインは、徹底的にこだわるべきです。

デザインが特殊だったりインパクトがあったりすると、それだけで印象は圧倒的に強くなるでしょう。

とはいえ、派手にすればいいわけではありません。あくまでも読みやすい文字の大きさやレイアウト、カラーで整えつつ、あなたの職種や人柄に合うようなデザインを考えてみてください。

なお、デザインにこだわるならプロに依頼するのが一番ですが、テンプレートを使う場合でもフォントや配色、ロゴなどにこだわるだけでオリジナリティは出せるはずです。念入りに試行錯誤して、素敵なデザインの名刺を作りましょう!

2 .顔写真や似顔絵を入れる

顔写真や似顔絵を入れると、印象に残りやすい名刺になります。

目に入ってきやすいですし、名前の他に顔や雰囲気も覚えてもらえる可能性が高くなるでしょう。

なお、ベストなのは本人の顔写真ですが、抵抗がある場合は取り扱っている商品・サービスや人柄を伝えるイメージ写真でも十分効果は得られます。可愛いペットや趣味に関する写真なら、会話のきっかけになるかもしれません。

要は、視覚的に印象付けやすく、ビジネスシーンに不適切でなければどんな写真でもOKです。好印象を与え、コミュニケーション効果が高まるような写真をチョイスしてみましょう!

まとめ:フリーランスは名刺を最大限に活用しよう!

以上、フリーランスは名刺があると、仕事につなげやすいメリットがあります。職種によっては活用頻度が少ないかもしれませんが、「もしもの備え」として作っておくのが得策でしょう。

なお、相手によっては名刺を持っていないだけでビジネスマナーがないと判断されるケースも少なくありません。

フリーランスとして一人前だと認められたいのであれば、ぜひ名刺制作を検討してみてくださいね!

“一生使えるWebスキル”を60秒で診断しよう。

CTA-IMAGE 「フリーランスになりたいけど、どんなスキルを身につければいいかわからない」という悩みを解決すべく、東京フリーランスでは【Webスキル診断】をLINEで実施中です! Web制作・Webデザイン・アプリ開発・動画編集の中から「自分に合った理想の働き方はどれか」を診断し、みなさんの適性を見極めます。 診断後は結果に応じて【スキルの習得に必要な情報】も配信するので、気軽に登録してみてください!

フリーランス基礎知識カテゴリの最新記事