【現在3000名】無料のフリーランスコミュニティ『東フリサロン』はこちらからどうぞ!

プログラミングを早く学ぶための7つのコツ

プログラミングを早く学ぶための7つのコツ

この数年、ますますたくさんの人がプログラミングを学ぶようになりました。
この記事を読んでくださってる方の中にも、プログラミングスキルを身につけ、新たなキャリアを歩もうと頑張っている真っ最中、という方がたくさんいらっしゃると思います。

けれど、プログラミングのスキル習得は勉強することも考えることも多くて、時々苦戦を強いられますよね。そんな苦しい状況から皆さんが一刻も早く抜け出せるよう、いち早くプログラミングを学べるヒントをご紹介します。

学習しやすい言語を選択する

プログラミング学習を始める前に、まずはどのプログラミング言語を学ぶかを選ぶ必要があります。学ぶのは1つの言語だけ、というルールはありません。ですが、PHP・Python・Rubyのように、最初は比較的簡単に習得できる言語を選ぶのがよいでしょう。

もちろん、どの言語を学ぶかはプログラムで何をしたいかによって異なります。ですが、勉強するだけでもハードルが高い言語から始めてしまったら、プログラミングを続けることも、目標を達成することもできなくなってしまいます。何か作りたいもののため一直線に勉強するのもいいですが、自分のレベルに合う言語から始めてみるのも重要です。

 

ひたすらコードを書く

プログラミング学習のために、読みたい本を全部読んで、ビデオを全部見ても構いません。ですが、プログラミングのスキルを向上させるには、実際にコードを書いて練習する必要があります。実際にコードを書き始めるのは、早ければ早いに越したことはありません。イライラしたり、すぐに難しいと感じたりするかもしれませんが、コードは書けば書くだけ上達します。

また、コードを書くことは、プログラミングを一通り学んだ後にも続けていきましょう。コードを書かない日がしばらく続くと、驚くほどあっさり書き方を忘れてしまうものです。そのため、普段から新鮮な気持ちでコードを書く時間を確保するようにしましょう。

 

基礎をしっかり学ぶ

すぐに応用的なことに取り組みたいと思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

どれだけ基礎的なことが単純で簡単そうに見えたとしても、まずはしっかり学ぶことが重要です。そうしないと、ひとつずつレベルアップするたびに立ち止まって、頭を抱える羽目になりますよ。

学習した翌日に1回、その1週間後に2回、2週間後に3回、さらに1カ月後に4回と、計4回復習すると脳科学的にもっとも効率的に記憶を定着できるそうです。大事なポイントだけで構いませんので、ぜひこのスケジュールで復習してみてください。

基礎をしっかり学んでおけばおくほど、より高度な概念をすんなり理解できるようになります。

 

気分転換にゲームやチュートリアルを活用する

何時間もパソコンに向かってコードを書く作業は、単調に感じますよね。気が散ったり、続けるのが苦痛になる人もいるでしょう。もしそんな風に感じていたら、ゲームやチュートリアルを活用してみてはいかがでしょうか。

プログラミングを楽しむだけではなく、きちんと基礎学習もできるゲームはかなり存在しています。しかも、それぞれのプログラミング言語に対して何千ものチュートリアルがあるので、飽きずに勉強を続けられますよ。

 

ログを取り、確認するクセをつける

ログを取って確認することは、どんな開発者もおこなっている最も重要な作業の1つです。プログラムの実行結果は全てログに取り、問題が起きた際はまずログを確認するクセをつけましょう!

LaravelやRailsなどのフレームワークでは、デフォルトでログの出力ファイルが決まっています。また、デバック機能を有効化することで、ブラウザ上にエラーなどのログ情報を表示させることもできます。

ログを見て、エラーの原因箇所を探り、それでも分からなければググる。この一連の動作を体に染み込ませてください。

 

質問することを恐れない

【コードを書く】という作業は1人で行うものですが、だから自分の力だけで学ばなければいけないということではありません。インターネット上には、プログラミング学習を手助けしてくれる何千もの様々なリソースがあります。例えば、掲示板に質問を投稿したり、フォーラムでディスカッションに参加したり、個人的に知り合いのプログラマーに連絡もできますよね

誰かに質問することを嫌がる人々もいますが、そんな恐れを克服するのが早ければ早いほど、プログラミング学習が効果的にいち早く進められます。teratailQiitaを見ると分かりますが、実は多くの先輩プログラマーも、初心者を手助けしたがっているんです👍

分かりやすく説明する努力と相手への感謝の気持ちを惜しまなければ、質問に答えてもらうのは簡単ですよ。

 

適度に休憩を挟んで自己管理する

仕事でコードを書いているときや学習をしているとき、机やパソコンに向かってつい何時間も座り続けてしまいますよね。これは身体にかなりの負荷をかけていますので、たまに立ち上がって休憩を挟むのがおすすめです。

また、プログラミングを始めたての頃は、行き詰ったり、落胆したりしやすいものです。時々、気分転換のためにストレッチをしたり、散歩に出かけるように意識ましょう。

いいプログラマーたるもの、自己管理も大切です。

集中して勉強する時間を作ることは大切ですが、ストレスで神経をすり減らすような勉強の仕方はやめるべき。自分の体調やメンタルを良好に保てるよう工夫してください。

 

さて、プログラミング学習を加速させる7つのコツをご紹介しました。これらのヒントが皆さんの手助けになれば幸いです。

参照記事: 7 Critical Tips to Learn Programming Faster 
※この記事は、海外プログラミング情報を参考にローカライズした記事です。

LINE@にて限定情報公開中!

CTA-IMAGE 『転職したい!』 『理想的なライフスタイルを実現したい!』 『フリーランスになりたい!』 そういう要望を持っている方向けに、週に1度リアルなお役立ち情報を配信しています。 登録すれば、LINE@限定「最短でプログラマーになるための転職ロードマップ」も確認できます!

効率の良い勉強法カテゴリの最新記事